散歩⁉

こんにちは、鶴巻康夫です。(^o^)/

昨日は、子供の通学の付き添いで横浜まで行きましたが、普段徒歩通勤の私(徒歩通勤歴22年)が混んでいる電車に乗ることは殆どなく相鉄線横浜まで行けることの幸せをつくづく感じました。

西横浜平沼橋で並行して走る『東海道線』『横須賀線』の混雑度と相鉄線の混雑度ではケタが違いますね。その後、乗った『京浜東北線』も同様です。

子供を学校まで送った後に先週の入学式の写真を持ってきてくれないかという『父上』の電話で実家に向かいました。一通り報告をし用事を済ませ、一人でしたので帰りに蒲田周辺をプラプラ散歩してきました。

蒲田の西口には、大和にもお店があるユザワヤ発祥の町で数多くの店舗があります。

今現在は何号館まであるのかわかりませんが、いたるところに看板が出ておりました。

駅の反対側東口には、飲食店が多数あり小中学生の頃は行ってはいけない地域という印象があります。そんな地域のビルのエントランスにこんな碑が立っております。

P1060495

暗くてみえにくいですが、『蒲田松竹撮影所跡』と書かれています。

P1060496

跡と言っても、「この隣に蒲田松竹撮影所があったことを記念し、当時映画館だった当施設に寄贈されたものです。」と記載されております。

P1060497

 

ご存知の方も多いと思いますが、京浜東北線蒲田駅の発車メロディーは『蒲田行進曲』です。

P1060499

外観はこんな感じですが、この建物にはボウリング場が入っており、ボウリング好きの息子はここで既にプレー済みです。(^o^)/

 

上の写真は、実際の蒲田撮影所跡地で現在「アロマスクエア」という複合ビルになっております。写真では、敷地の広大さは伝わらないと思いますが、駅から徒歩5分ほどの場所に戦前は「撮影所」その後「大きな工場(高砂香料)」があったなんて今では考えられないですね。

息子のお迎えの時間には、まだ余裕があったので、京浜急行の京急蒲田駅まで歩いて行き、周辺の様子の変わりようにびっくり。(#^^#)

京浜急行には乗るもののこの駅で30年近く乗り降りしていないので、新駅舎の外観を見るのは初めて。地方の新幹線の駅のようです。

その後、横浜で息子と合流し家路につきました。

それでは失礼します。(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です