中年まっただ中

こんにちは。読書大好き リビィ です。

河合隼雄氏の『中年クライシス』を読みました。中年クライシス

ユング心理学者で、かつて文化庁長官も務めた氏の本にハマりにハマって、若いころは片っ端から読んでいました。

この本もその当時読んだ本で、然るべき時が来たらまた読もうと思っていたのですが

まさに、その が来ました(笑)!

中年期のクライシス(危機)は
夫婦間、親子間、職場内など、さまざまなところでやってきますが
それはどれをとっても

本当の意味での 『大人』になるための課題である

と捉えるのがいいようです。

本能の赴くまま、自分の万能感に支えられて
上を目指して登っていくのが青年期

頂上に着いたところが中年期の始まり。

そこからしばらくは尾根道を上ったり下ったりしながら
歩いていくわけですが、それをどう乗り越えていくかによって
これからやってくる下り道(老い)をどう迎えるか
が変わってくるとのことでした。

 

五十にして天命を知る

 

のは無理だと思いますが(^^;
これからやってくる長い冬を笑顔で迎えられたらいいなと思った
ある中年の秋の日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です